レーシックまるわかり情報ステーション

レーシックまるわかり情報ステーション

当サイト「レーシックまるわかり情報ステーション」のお役立ちレーシック情報はこれからレーシックをご利用される人必見です。
まずは当サイトサイドメニューをご熟読してみてください。「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。
レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。

 

誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。

クラウド パートナーはここへ
http://cloudpack.jp/partner/
クラウド パートナー




レーシックまるわかり情報ステーションブログ:2017年06月16日
息子の脳は
運動やお喋りや睡眠によって、
脳のシナプスを増やすことができるが、
それは常にある一定の限界を伴いながらでしか
脳のシナプスを増やせない。

例えば息子に早期教育を施した場合、
確かに息子の知能を高くすることはできるが、
早期教育を受けた息子たちの中から
天才など1人も出て来ていない。

理由は早すぎる教育が
逆に息子の脳に負担をかけてしまう…ということも考えられるが、
それと同時に早期教育では、笑いを完全に無視しているからだ。

息子を笑わせないからこそ、
息子は脳の限界を突破できないのである。

息子は笑うと脳が快になり、
脳の限界が突破されるという作用が働く。

解りやすい例を挙げれば、
赤ちゃんは言葉をきちんと喋れる前に笑い出すし、
笑う回数の多い赤ちゃんほど
言葉をちゃんと喋れる日が早くなるのである。

笑うことで脳の限界を突破しているので、
笑えば笑うほど、脳の限界が次々に突破されていって、
お喋りと言う高い知能を要する行為ができるようになる。

なので
育児をしているなら、
母はとにかく息子を笑わした方がいいのだ。

息子の笑いの壺はどこにあるか解らないので、
とにかく子供と何度も会話して
笑いの壺を探り当ててしまおう!

息子の笑いは低レベルなものなので、
その低レベルな笑いでどんどん笑わせていけばいい。

息子は「ウンコネタ」が大好きなので、
この手のウンコネタを豊富に持っておくことをお勧めする。

男の子の場合は、
このお下劣な笑いを更にお下劣にしてくるので、
「そんな下品なことを言わないの!」とかいって否定するのではなく、
息子のお下劣な笑いに付き合って、
息子を笑わしてしまうことが大切なのだ。


レーシックまるわかり情報ステーション モバイルはこちら